葬儀を執り行った後の法要

近頃は、葬儀を執り行ったあとに行われる法要や、法事を同様のものとして捉えている人も少なくありませんが、正確な意味合いでいうと法事は、法要だけでなく、法要の後に行われる食事の席なども含めた全体的な催しのことを指していて、法要は、お坊さんに読経をしてもらう儀式のことを指しています。



初七日法要や、四十九日法要、一周忌という言葉を耳にすることがある人は少なくありませんが、大切な家族が亡くなってから執り行われる大切な儀式となっています。



法要を執り行う日が仏教では昔から決まっています。

家族の1人が亡くなってから7日ごと49日目に至るまで執り行われる忌日法要と、故人の命日に一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などが執り行われる年忌法要があります。

年忌法事については三十三回忌の法要で、弔い上げになることが多いです。



仏教では生きている間に、どのような行いをしていた方でも三十三回忌の法要を執り行うと罪がなくなり極楽浄土に行くことができるとされています。
そして、永代供養墓に個別に納骨されていた遺骨も三十三回忌を執り行ったタイミングで合祀される契約になっていることが一般的になります。近頃は、葬儀を執り行ってから七日目に執り行う初七日法要を、遺体を火葬して葬儀場に戻ってから、すぐに初七日法要を執り行ったり、葬儀や、告別式の直後に初七日法要を執り行ったりすることが少なくありません。

このようなタイミングで執り行われる初七日法要のことを繰り上げ初七日法要と呼んでいます。