葬儀に参列する女性のマナー

葬儀の知らせはほとんどが突然であるため、いざというとき大人としてきちんとした振る舞いができるよう、葬儀に関する知識は日ごろから身に着けておくのが大切です。


例えば女性の場合、髪型や化粧など男性には関係のない部分のマナーが求められるため気が抜けません。


例えば髪型については、肩より短い髪型ならばそのままで構いませんが、肩より下のロングヘアの場合は一つに束ねることが基本的なマナーです。

そのため黒色のゴムで一つ結びにしたりお団子にしてきっちりとまとめておきましょう。



この時に注意したいのは髪の毛を束ねる位置です。

耳より高い位置で束ねるとカジュアルな印象になるため、耳より下の位置で束ねて落ち着いた雰囲気にしましょう。
使用する黒色のゴム以外にもバレッタやシュシュなど使用するのは構いませんが、光沢があったりラメがあるなど華やかな印象のものは必ず避けましょう。



また、葬儀の時に礼服を着用するのは男性も女性も変わりがありませんが、女性の場合はスカートにストッキングを合わせましょう。



この際、出来れば肌色ではなく黒色のストッキングを選び、ほんのりと肌が透けて見える程度の薄さのものを選びましょう。

冬の葬儀で寒いからと言って分厚いタイツを履くのはマナー違反となります。

そして大人の女性のたしなみともいえるメイクについてですが、葬儀の時は極力色味を抑え、眉毛をほんのり書き足す程度のナチュラルメイクに留めておきましょう。

以上のことについて気を付けていれば、安心して参列することができるでしょう。